あわじ暮らし 成功に向けた八ヶ条!!

第壱条:なにはさておき相談を!

どの地域で、どんな暮らし方をしたいのか、生業はどうするのか、アウトラインが固まったら、まずは相談してください。その際、行政など公的機関だけでなく、NPOや相談窓口、移住の先人たちにもぜひ相談を。本音の話も大切ですよ。

第弐条:あわじ暮らしに自動車は必須

淡路島では幹線には路線バスが走っていますが、国道以外では日に数本という場合も多いです。中心市街地に暮らすのならいざ知らず、淡路島の農村地域で暮らすには自動車は必須アイテムです。

第参条:農業を甘く見ないで!

「田舎で農業をしたい」本気で農業をしたいなら、まずは農業改良普及センターや神戸市西区の楽農生活センターへ相談を。農業で生計を立てるなら、手持ち資金1000万円は必要と心得るべし。

第四条:移住後の勤め探しはあてにならない

都会以上に淡路島の雇用環境は厳しいものがあります。移住してきてから勤め先を探すのはとても難しいと考えてください。だって、若者たちは仕事を求めて都会へ出て行くんですから。

第五条:家庭菜園は転居してからで十分

物件探しの際、畑がついていることを条件にあげる方がおられます。高齢化により休耕している田畑はたくさんありますので、まずは地域に溶け込み、そんな畑の一部を借りることをお奨めします。

第六条:物件探しは地元に足を運んで

インターネットに掲載されている不動産物件を見ただけで決める、なんてことは絶対に避けるべきです。現地を見、できればその周辺に住んでいる人に話を聞く、など周到に進めなければ取り返しのつかないことになりかねません。

第七条:田舎は人との付き合いが肝要

田舎は都会とは比較にならないくらい濃密な人間関係があります。「ポツンと山の中で一人暮らし」など御伽噺の世界。また、「道直し」などの出役が義務付けられている地域も数多くあります。都会と比べて町内会費が高いこともあらかじめ頭に入れておいたほうが良いでしょう。

第八条:まずはお試しで暮らしてみる

淡路島と一口で言っても、地域・集落によって雰囲気や移住者に対する対応は大きく違います。最初から永住の地と決めないで、まずはアパートか借家に住んで、自分たちのライフスタイルにマッチする地域を時間をかけて選ぶのもお奨めの方法です。