助成情報

平成29年度あわじ環境未来島バスツアー助成

02月01日

 兵庫県淡路島で進む「あわじ環境未来島構想」や環境保全への取組を学ぶ学習ツアーを、貸切バスを利用して実施する団体・事業者に対して、経費の一部を助成します。
皆さま、この制度をご利用いただき、淡路島の豊かな食や自然を楽しみながら「まちづくり」や「環境」について学ぶツアーを企画してみませんか?

実施要項、対象施設一覧、様式等は最下段の関連ファイルからダウンロード願います。
※ 平成28年度まであった周遊コースは平成29年度は募集いたしません。ご了承願います。


1 助成内容
 生命(いのち)つながる持続する環境の島をめざす淡路島の取組を啓発し持続可能社会への住民意識醸成のため、貸切バスを利用し「あわじ環境未来島構想」の関連施設や環境学習施設2カ所以上にて各施設の取組内容や環境保全への取組を学習するバスツアーの実施経費の一部を負担します。
 ア 助成金額
  (ア) 日帰りの場合
    上限25,000円/台
  (イ) 宿泊を伴う場合
    上限50,000円/台
  ただし、同一申請者につき1期あたりバス2台まで申請可能です。
 (申請者が旅行業者等法人の場合は支店、営業所単位)
 イ 助成対象費用
  ① バス借上げ費用
   (申請者が貸切バス事業も併せて行う旅行業者で、自社バスを利用するなどで、バス借り上
    げ費用が算出できない場合、バス借上げ費用は対象外となります。)
  ② 高速道路通行料金
  ③ 施設見学等利用料金(淡路島内施設のみ)
 ウ 助成要件
   次の要件をすべて満たすツアー内容とします。
  ① 別紙、対象施設一覧から2カ所以上を訪れ、あわじ環境未来島構想や環境保全への取組等を学
   び「実施状況確認表(様式5)」に対象施設の押印を受けること。
    見学・食事のみの立ち寄りは不可。必ず取組説明や環境学習を受講すること。
  ② 1ツアーの参加者はバス1台につき20人以上(当日の参加者が20人未満になった場合は
   助成の対象外となります。)であること。 ただし、乗務員、添乗員は参加者数に含めません。
  ③ 貸し切りバス(レンタカーを除く)を使用すること。
  ④ ツアー実施経費に関して他の助成制度(走る県民教室や、エコツーリズムバスなど)を受けて
   いないこと。
  [宿泊を伴う場合は以下も条件。]
  ⑤ 淡路島内の宿泊施設(1泊以上。保養所、社会教育施設での宿泊は除く)を利用し、
  「実施状況確認表(様式5)」に宿泊施設の押印を受けること。

2 対象団体・事業者
  ① 自治会・婦人会・老人クラブ・子ども会などの地域団体やグループ及び会社・NPO等の法人
    ただし、ツアーの目的が宗教、政治、営利行為目的でないこと。また、国及び地方公共団体
  (学校を除く)でないこと。
  ② 「旅行業法」に基づく登録を受けた旅行業者。
  ※ ただし、①②双方からの同一内容の申請は認めない。

3 対象旅行期間及び募集期間
  第1期 平成29年4月〜7月旅行実施分
   平成29年2月10日(金)〜5月12日(金)(必着)

  第2期 平成29年8月〜11月旅行実施分
   平成29年6月1日(木)〜9月12日(火)(必着)

  第3期 平成29年12月〜平成30年3月旅行実施分
   平成29年10月2日(月)〜平成30年1月16日(火)(必着)
  ただし、各期予算枠に達し次第、終了します。

4 申請方法
  助成申請に際しては、必ず事前に、学習を予定している施設へ訪問の予約を取り、
  募集期間内でかつ、旅行実施初日の14日前までに下記、提出書類を淡路島くにうみ協会
  に直接持参もしくは郵送にて申請してください。
  なお、電話、FAX、Eメールでは受け付けられません。
  ○提出書類
   ・助成申請書(様式1)
   ・ツアー行程表(出発地、見学先、宿泊先は明記必須)
   ・ツアー実施にかかる経費見積書
     申請者が旅行業者の場合は、申請ツアーにかかる助成対象費用(バス借り上げ料、高速道
    路通行料金、施設見学等利用料金(淡路島内施設のみ))の総額が分かるもの(旅行企画
    書等)
 ※ 予約の際は淡路島くにうみ協会のバスツアー助成事業に申請し助成を受ける予定であるこ
  と。また、各施設での取組の学習(地域活性化、環境問題への対応、地産地消、再生エネルギ
  ー等)や環境学習を行うため指導・説明を受けたいことを伝えて、施設側と受入可能日、
  費用、受入可能人数、学習内容、方法など条件について確認してください。

5 対象施設での受講時の注意点
  受講の模様を写真撮影の上、実施報告書(様式3)に貼付してください。また、写真は当協会の報告書、ホームページ等で事業紹介として利用することがあります。
  受講後に感想等を参加者から聞き取り取りまとめの上、実施報告書(様式3)に記載してください。
  受講模様の写真、受講の感想等は別添とすることも可能です。

6 決定の方法
 原則、毎月15日、末日及び各期募集締切日までに提出された申請書を、審査のうえ可否を決定し、助成承認決定通知書(様式2-1)により助成承認決定を、または助成できない場合は助成不承認決定通知書(様式2-2)により通知します。
 なお、審査にあたって、必要に応じて団体・事業者の概要や内容等別途、資料の提出を求めることがあります。

7 実施後の手続き
(1) 事業実施報告
 助成承認を受けた団体・事業者は、事業実施後30日または平成30年4月13日のいずれか早い日までに、実施報告書等下記、提出書類を提出してください。
 ○提出書類
  ・実施報告書(様式3)
  ・助成金請求書(様式4)
  ・実施状況確認表(様式5)
  ・旅行行程表(任意様式)
  ・助成対象費用の分かる領収書(写し)
   (申請者が旅行業者の場合、借り上げバス会社からの領収書等、申請者の支払い証明となる
   領収書。)
  ・参加人数が確認のできる領収書(写し)( 宿泊代、食事代、施設利用料領収書等 )
  ・振込先通帳(写し)
(2) 助成金の振り込み
 事業実施報告書等を審査し、助成要件を満たしていれば、事業実施報告書等を受理した月の翌月末までに団体・事業者の金融機関口座に助成金を振り込みます。

8 申請内容に変更があった場合
 助成承認通知を受理後、申請内容に変更が生じた場合は速やかに下記、書類を提出してください。
 ○提出書類
  ・申請内容を変更する場合・・・変更届(様式6)
  ・助成申請を辞退する場合・・・辞退届(様式7)

9 助成承認の取り消し
 申請者が次の各号の一つに該当する場合、助成承認決定取消通知書(様式8)により助成承認の取り消し、また、助成金が既に交付されているときは、その返還を求めるときがあります。
  ① この要項の規定に違反したとき。
  ② 助成承認の要件に違反したとき。
  ③ 偽りその他不正な手段により助成金の交付を受けたとき。

関連ファイル

実施要項 PDF (253 KB) ダウンロード
対象施設一覧 PDF (192 KB) ダウンロード
様式集 ZIP (432 KB) ダウンロード
バスツアー助成チラシ PDF (816 KB) ダウンロード
トップ 淡路島の紹介 アクセス
協会概要 文化・歴史「神代からの財産」 リンク
事業内容 食・特産「御食国の宝」 会員募集
淡路を担う人づくり

自然・観光「花の公園島」

お問合せフォーム
花と緑豊かな環境づくり 募集情報 サイトマップ
活気あふれる地域づくり 助成情報  
あわじ環境未来島構想の推進 イベント情報  
  お知らせ