「花と緑豊かな環境づくり」の過去の事業を紹介します

H24 (2) 冬咲きチューリップショー

 「冬咲きチューリップショー」は、冬の新たな花の名所づくりとして、淡路島の温暖な気候を生かし、花の少ない真冬にチューリップを咲かせ、水仙とともに 花の島「淡路島」をアピールするものです。

事業報告

 「冬咲きチューリップショー」のオープニングセレモニーが行われた当日は、青空のもと、洲本保育所の園児たちによる踊りや合唱、来賓によるテープカット、バルーンリリースにより、華やかな幕開けとなりました。

 「冬咲きチューリップショー」は、冬の新たな花の名所づくりとして、淡路島の温暖な気候を生かし、花の少ない真冬にチューリップを咲かせ、水仙とともに 花の島「淡路島」をアピールするものです。本年度は、3品種、6,600球のチューリップを洲本市民広場(洲本市)、観潮船基地なないろ館(南あわじ市)、兵庫県公館(神戸市)において展示しました。
 
1 オープニングセレモニー
・開催日時:平成25年 1月19日(土) 10:30〜
・場  所:洲本市民広場(洲本市塩屋1丁目)
・内  容:洲本市長等によるテープカット
      洲本保育所園児による洲本八狸音頭披露・バルーンリリース

2 展示場所
・洲本市民広場(洲本市塩屋1丁目) 3品種、約4,850球
・観潮船基地なないろ館(南あわじ市福良港) 1品種、約250球
・兵庫県公館(神戸市中央区山手4-4-1) 1品種、約1,500球

3 展示期間
 平成25年1月19日(土)〜2月17日(日)


〔参考〕
・冬咲きチューリップ
冬咲きチューリップは、1月から2月の冬の間に花が楽しめるよう球根を植え付けたものです。オランダで球根を収穫した後に、特殊な温度処理をすることで発芽を促進させ「開花のスイッチ」が入った状態にさせます。この球根を空輸して淡路で植え付けを行い、瀬戸内の温暖な気候の中で成長させるものです。

トップ 淡路島の紹介 アクセス
協会概要 文化・歴史「神代からの財産」 リンク
事業内容 食・特産「御食国の宝」 会員募集
淡路を担う人づくり

自然・観光「花の公園島」

お問合せフォーム
花と緑豊かな環境づくり 募集情報 サイトマップ
活気あふれる地域づくり 助成情報  
あわじ環境未来島構想の推進 イベント情報  
  お知らせ